増トン車とは

増トン車とは

「増トン車」とは、一般的には普通免許で乗れる中型トラックと呼ばれている「4tトラック」をベースに、
足回りや荷台を強化することで最大積載重量を増やして
6t車クラス、8t車クラスとして使用できるようにしたものをいいます。

 

中型トラックをわざわざ増トンしてなくても大型トラックを買えば良いにですが、
それでは積載量も車両総重量も増えてしまいますから大型免許が必要になります。
また中型トラックの増トン車は安価なので、
価格の面では大型トラックと大きな違いがあります。
 

 

増トン車は三菱ふそう・いすゞ・日野・UDトラックスなどの
トラックメーカーでは既にラインナップに組み込まれており、
6.5tや8tといった積載量のトラックを製造販売しています。
現在使っているトラックを増トンすることは可能ですが、
シャーシから足回りや荷台までほとんど全てを新たなものに交換しなければならないことから、
現在のトラックを売却してメーカーから
増トントラックを新規購入する方が経済的だといわれています。

 

増トン車は価格が安いという大きなメリットがある反面、デメリットもあります。
基本が4tトラックであっても増トンによって最大積載量が5tを超えてしまうと、
運転には中型免許ではなく大型免許が必要です。
中型免許のドライバーが4tトラックの増トン車であっても
最大積載量が6tのトラックを運転すれば、
それは違反行為になりますから気をつけなければなりません。
また増トンすることで「自動車税」と「車検の費用」は当然のことながら増える点もデメリットといえるでしょう。