トラックの車検料

トラックの車検料

トラックの車検を受ける際には2種類の費用がかかります。
1つは「法定費用」でもう1つは「点検・整備費用」です。
「法定費用」は申請手数料・自動車重量税・自賠責保険の
3つの費用で車の種類ごとに国で定めた額がありますから、
どこで車検を受けても同額になります。
中古トラックの場合それぞれの費用について見てみましょう。

 

「申請手数料」は「登録申請手数料」と「検査申請手数料」がありますが、
中古トラックの場合は検査申請手数料だけが必要ですから1,500円です。
「自動車重量税」はトラックの場合は利用区分・車両重量・車齢によって課金が定められています。
例えば8tトラックで車齢13年未満の自家用の場合は32,800円、事業用の場合は20,800円円です。

 

「自賠責保険」は最大積載量2tで2つに区分されており、
2t超の場合は業務用49,900円で自家用35,730円に定められています。
このことから8tトラックで車齢13年未満の自家用トラックの車検の法定費用は
1,500円+32,800円+49,900円ですから、84,200円になります。
「点検・整備費用」の方は基本料金と交換・修理などの工賃と部品代などで構成されていて、
整備工場やディーラーによって全く違った金額設定が行われています。
またそのことで車検費用に違いが出てくるのです。
一般的には点検・整備費用は5〜10万円といわれていますが、
できれば数社で事前に見積りをとり、
よく比較した上で正式に車検を依頼することをおすすめします。
8tトラックの場合であれば法定費用だけで8万円を超えるのですから、
数社に見積りを依頼する時間と手間を惜しまないで、
点検・整備費用を抑えた車検を受けたいものです。