使用していないトラックにも自動車税はかかるの?

使用していないトラックにも自動車税はかかるの?

トラックに限らず自動車の所有者に対しては、毎年4月1日の時点で「自動車税」が課税されます。
具体的には今年4月1日から来年3月31日の1年間分の税金として、
今年4月1日時点の車検証上に登録されている所有者が前納する義務のあるものです。

 

対象になるのはトラックに限らず全ての自動車で「所有しているかどうか」という点だけが課税の判断基準で、
その自動車を「使っているかどうかどうか」は考慮されません。
従って「車検切れになっている」とか「故障しているので動かない」といったケースであっても、
税金の支払いが免除されることはありません。

 

自動車税は毎年かかる税金であり、使わないままで放置しているのでは、
あまりにももったいない税額です。
たとえば4tトラックの税額は「自家用で20,500円・業務用で15,000円」、
8tトラックの税額は「自家用で40,500円・業務用で29,500円」です。
事業者などで複数台のトラックを使わないまま抱えているのは、
経営上決して賢明な判断ではありません。

 

なお使用していないトラックにも課税されるのですから、
そうした使わないトラックを抱えている場合は、速やかに売却すべきでしょう。
中古トラックを専門に扱っている業者への売却が意外な高値がつくこともあるのでおすすめです。
毎年確実にマイナスを生むものを抱えているよりも、
一回だけとはいえ使わないトラックを売却することでプラスを生み出すことができます。
車検切れや故障しているので売却できないとか廃車するのに金がかかると思っている人も多いようですが、
トラックの買取り業者の多くは事故・故障・不動などどのような状態のトラックでも買い取ってくれますから、
トラックのコンディションなど気にせずに売却できます。